Reason

最終更新: 5月9日

なんで「ティシャツ 」のデザインや販売を始めた?


至って簡単です。


それは自分が求める「ティシャツ」 が世に存在しなかったから。


デザインとか、質とか・・・これはあくまで主観によるもの。


20代のはじめにワーホリでオーストラリアへ・・・。


そう80年代の初めの頃のリップカールやビラボンのデザインは


そりゃ良かった・・・欲しいデザインばかりで・・・笑。


当時のティシャツ の主流は、「Hanens」、確か一枚3000円位していたはず。


糸は「カリフォルニア綿」、また相当昔の編機でゆっくり・ゆっくり編まれていて 


なんかこう「ザックリ」があったし、値段が高いとは思わなかった。


言ってみれば、一種のティシャツ のブランド品みたいなもの。


今探してもそんなティシャツ は存在しない、昔を懐かしんでいるわけでもないけど。


そんなこんなで、行き着いたのが京都・イージーさんのティシャツ 。


ヘインズとは真逆にあると言ってもいいと思うけど、


日本人の気質を感じる「しなやかな」な生地、そして質とデザインにこだわるその心意気。


手にとれば確かにそれは伝わるはず。


そりゃ、デザインや色使いに好き嫌いはあって当然、ただ「海」のブルーが大好きで


ブルーを自分のデザインの基本に使っているのは確か・・・です・・・笑。








14回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • White Pinterest Icon

© 2020 全てのデザインは「J works」に帰属します。